ホーム windowsの歴史 ショートカットキー

このサイトでは、windowsの歴史、ショートカットキーなどを載せています。
このサイトは、主に初心者の方やショートカットキーをあまり使わない人へ向けたサイトです。
また、windows自体の説明、マイクロソフト社創設のことについてはここのホームで記載します。
PC用語集もあります

windowsとは?

まず、windowsとは何なのかを説明します。
windowsとは、マイクロソフト社が作り出したOSです。
初めて出た製品はwindows1.0です。この製品は、1981年のプロジェクトによって
1985年にリリースされました。
windows1.0の詳しい説明 参照 OSとは 参照

Microsoft社とは・・・

Microsoft社は、ほとんどはソフトウェアを開発、販売している会社です。

あまり知られてないと思いますが、マウスやキーボードなども売っています。


Microsoftの成り立ちを簡単に説明すると、


最初にビル・ゲイツとポール・アレンがコンピューターの記事を見て、そのコンピューターの人間に分かりやすい言語をコンピューター用の言語に変換するもの(インタプリタ)の実装のテストをした。



成功。コンピューター製作者はコンピューターの言語に変換するもの(インタプリタ)を配布することを決定。



ゲイツとアレンはパートナーシップを組んで様々な会社の依頼を受けて、インタプリタを作った。


1981年に株式会社となって法人化した。


というのが、ざっくりとした歴史です。

パソコンの中身

CPU

CPUとは、Central Processing Unitの訳で、コンピューターの制御や演算などをしています。

Intelなどが主な例です

メモリー

メモリーとは、プログラムなどを一時的に記憶するもので、RAMとROMに分かれます。

一般的なパソコンは、8GB~16GBですが、ゲームなどをするなら16GB以上あったほうがいいでしょう。

ハードディスク

ハードディスクとは、パソコンのデータなどを保存するものです。(作ったものや保存内容)

少ないものは256GB程ですが、多いものでは2TBなどもあり、外付けで増やすこともできます。

マザーボード

マザーボードは、先ほど説明したCPUや、メモリー、ハードディスクなどをつないでいるものです

ほかにも、電源の供給などもして、下図のような複雑な回路になっています